雲盗り暫平(2) vol.2の意味について

密貿易で財をなす豪商の屋敷にひそむ龍を退治する「龍盗蛇尾」。
難攻不落の白鴎城から盗み出すものはなんと臨月のお由!「白鴎城からの脱出」。
他「腰巻きと献上米」を収録。
空の雲さえ盗むと豪語する大泥棒・雲盗り暫平。
急激に信者を増やす新興宗教に対して、ある依頼が…教祖に戦いを挑む「末世の仏」。
他「荒くれユニオン・ジャック」「女郎土手と影法師」収録。
盗賊の上前をはねる盗賊が現われた……!? そこで空の雲さえ盗むといわれる怪盗・暫平に意外な依頼が舞い込む「残酷!!三匹の鬼」。
臆病の虫を盗ってしまう!?「おくびょう小平太」、他「でーもん魔姫」収録。
天下の大泥棒・暫平。
今宵の依頼はどうもすっきりしない…。
外道姫と噂される月姫によって麻薬中毒に…!?「下道月姫」。
忙しい仕事の合間をぬってブラリ湯治に来た暫平だが、同じ温泉にいたのはなんとあの大岡越前!!「一騎盗泉」、他「義賊は偽賊!?」収録。
暫平に盗み出せぬものなし!今度の依頼は百尺の大鳥居。
穏便に盗み出さなければならないが…「狙うは大鳥居」。
あの大岡越前とついに対決!?「大岡裁き盗って候」、他「お国の勝負」収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000477




100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!